あきうらら。

2014-10-09 (木) 17:15 | 大正硝子館 本店から

ぐっと今日この頃。。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
秋の新作お菓子には目がない、本店Sです!

そろそろ皆様のお住まいの地域でも、
でしょうか??

ここ、本店は一足早く?いや…ちょっと遅い?
紅葉気分を味わえるような、店内となっております


 

 

 

そして、目の前の川には、
昨年同様、がやってきているのですが、
(残念ながら…わたしの携帯ではうまく撮れなかったので、
是非っ!実際に見にいらしてください!)

本店には鮭の代わりに…と言いますか…

がやってまいりました!
優雅に泳いで?おります。
(colorfulな魚がいるのはご愛嬌。。)
 

 


noble
高貴な、高潔な、気高い、気品のある、と言った意味合いを持つ、
このシリーズは、凛とした美しさを持ち合わせております。。

 







デザインは、ぐい呑み・ロックグラス・ビールグラス・ワイングラスの種類。
特にこの赤は、金赤といって、溶かした赤の硝子に、金を混ぜ込んだ
ちょっと特殊なお色
なんです。
赤、というよりも、わたしの中のイメージでは深紅です。
 

口元には金箔を…。
この口元に色を付ける
作業は、実はとっても
高度なこと。

均等に付けるのが
難しいそうです。

この金箔が、グラスを
より美しく引き立てて
おります。


 

先日、このnoble
作っていらっしゃる、

KIM GLASS DESIGNの木村さん
本店にいらっしゃいまして、
ちょっと面白いものをを見せてくださいました。



なんでしょうこれは??

わかった方は流石ですね

この答えは…
それはまた別のおはなし。。

 

では、また!

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
ブログランキング!ポチっと応援お願いします。

詳しくはこちらの店舗へ…
大正硝子館 本店

店舗は明治39年に建てられた旧名取高三郎商店。きらめく硝子と小樽の歴史が融合した小樽硝子の世界をお楽しみください。

同じ店舗の過去記事もどうぞ

ページ