ゆく年くる年

2013-12-31 (火) 16:17 | 大正硝子館 本店から


毎年この時期になると思うのは、
「一年が過ぎるのは本当に早い」ということ。
季節が巡るのがとても早く感じます。

今年最後の本店からお送りするブログは、
には欠かせない、
            鏡餅です。

すべてが硝子で作られている、この鏡餅。
腐ることなく、飾っていただけます。
他にはあまり見かけない、この鏡餅。
とってもリアルに作られています。

 

ずっとみかんが上に乗っていると
思っていたのですが
実は橙(だいだい)
木から落ちずに大きく実が育つことにあやかり
代々家が大きく栄えるようにと
願った縁起物なのです。

 

 

今年は特大の他に・・・


とっても大きく華やかな特大のさらに上をいく・・・


が施されている1点物です!
どれくらい大きいかと言いますと・・・


スタッフが持ってみました!!
片手ではちょっと厳しい大きさです。
(顔くらいの大きさでしょうか・・・)
中は空洞になっているので、
見た目よりも軽いですよ。

私も持っていますが、1です!
(さすがに特大・大ではなく、小サイズですが。。)
是非実物を見ていただきたいです。

今年一年、ご愛好頂き、有難うございました。
2014年、本店スタッフ、皆様のお待ちを
こころよりお待ちしております!!

 

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
ブログランキング!ポチっと応援お願いします。

詳しくはこちらの店舗へ…
大正硝子館 本店

店舗は明治39年に建てられた旧名取高三郎商店。きらめく硝子と小樽の歴史が融合した小樽硝子の世界をお楽しみください。

同じ店舗の過去記事もどうぞ

ページ